速アポ出会い入門


happy
 
 
金曜日や土曜日の夕方などに突然予定が空いてしまって、今夜誰かとデート出来ないかと考えた時、出会い系サイトを使う事を考える人も多いと思います。

そこで、これを知っていればかなりの確率で会える、逆に知らないと時間を無駄にすることもある、出会い系攻略法の”基本”とも呼べるポイントをまとめてみました。

当サイトの出会い系比較データや、ランキングを利用する前に知っていてほしい予備知識ですので、まずはこの1ページだけでも確実に目を通しておくことをお勧めします。

 

1.会えるサイトのリストアップ

いきなり「裏技」から入ってしまいますが、これはランキング作成側の暴露話です。
アフィリエイト(紹介報酬)に参加しようと思って、大手の広告仲介業者のアカウントを取ると、老舗の出会える系は「有料コミュニティー」、出会えない系は「無料コミュニティー」とか、カテゴリで分けられているのに気が付きます。

基本的に「完全無料」カテゴリのサイトは、よくよく規約を読むと「そのかわりに…」何かを要求(すいません、ここまででもギリギリですので割愛させてください)されていますし、真新しく、初めて聞くようなサービス名(または有名サイトに語感が似ているサービス名)、刺激的なグラフィックに特徴があります。

「有料」カテゴリのサイトは、本当に1アクション10円から高くて100円程度ですが、男性の利用にはポイントを必要である事と、運営会社、登録番号、料金表が明記されています。

これは、広告代理店側からの暗に「お察しください」というメッセージなのだと思います。

「どのサイトが会える率が高いのか?」という順位については、公開されている情報や私の経験からアポ率や特徴をデータとしてまとめて順位付けするしかありませんが、システム的に「出会えないサイト」というのは、私のような比較ランキング運営者なら実は簡単に見分けがついてしまうのです(笑)。

ひどい場合、悪質なグループから「出会えない系サイトを宣伝して報酬を受け取りませんか?」という勧誘が来ます。
私は、そんな誘いがあっても無視していますが、話の乗ってしまったサイトは一発で判ります。

名前も聞いたことも無い出会いサイトがズラリと並んでいますから、私も「うわ~これはひどいランキングだ」と、自分のサイトでもないので脂汗が出てきますね…。

因みに私がそんなブラックな依頼を無視する理由は単に善悪だけのことではありません。

長くネットを利用していればわかりますが、そんなサービスの寿命は精々半年ですし、半年の目先の広告費の為に丹精込めて作ったサイトの信用を落としたくないというのが本音です。

元々、このサイトの比較ランキングはベタ書きの簡単なリンク集でした。

なにせ私自信が外出先でスマホで見やすいように作ったリンク集でしたので、それを友人にメールで紹介したりしているうちに、「ここまで情報を書いたなら公開しちゃったら?」という事になり、休みの日にコツコツ綺麗に成形して公開したのがこのサイト「おさんぽ」なのです。

したがって、このサイトで紹介しているサイトはすべて私が実際に利用して会えた「出会い系サイト」のみをご紹介しています。

 

2.入会の不安を解決

出会える系サイトでは、規制の関係で「電話認証」と「年齢確認」というのがありますので、それが不安に感じる人もいると思います。

でも、これが無いサイトは(クレジット決済を除いて)100%会えない系なので、ここで踏みとどまっては、逆に損をしてしまいます。

電話認証は、自動音声の電話を受けるだけの「着信確認」ですので、何も会話する必要はありません。

年齢認証は、誤解している人が多いのですが、年齢と証明書の種類がわかる発行元以外の部分は隠してOKなのです。馬鹿正直に名前、住所や顔写真、免許番号を見せる必要はありません。

本当に「生年月日」「証明書の種類」以外の部分を隠して良いのです。サイトによっては名前すら隠してOKです。

電話認証などで重複登録は排除できますので、サービスを提供する側からすれば年齢が確認できれば、本名などは不要な情報なのです。

本名や住所が見えないとNGというサイトもありますが、私の確認している限りMIXI系列のYYCなど、特にコンプライアンスを気にする大手IT企業の運営するサイトです。

認証が出来ない場合以外は隠せるだけ隠しまくって余計な情報を出さないようにしましょう。

サイトの方針によって認められる証明書の種類が違いますが、免許証以外に、学生証/社員証/年金手帳/診察券/定期券/住民票/住民基本台帳カード/パスポート/卒業証書/資格・検定証/会員カード などなど、年齢が書いてあればOKという”建前上”の手続きになっているのが現状です。

フリーメールで登録可能なサイトもありますし、念のため携帯キャリアのセカンドメールを使いましょう。

次に請求についての心配ですが、
出会える系サイトなら、入会しても先払いのポイントを買わなければ絶対に料金発生しませんし、ポイントが必要な機能は課金しなければ使えません

これも、課金しないと使えない機能がガンガン使えるなら、後から請求をしようとする悪質サイトです。

優良出会い系サイトの入会手順と料金発生ポイントは、大抵下記のような流れです。
 

    入会登録をする

    電話認証

    年齢認証

    アカウント発行

    無料ポイントがもらえる

    プロフやマイページを作る⇒Oポイント

    ゲームやコミュニティで遊ぶ⇒0ポイント

    検索したり掲示板を見る⇒0~1ポイント

    掲示板書き込みやメッセージ⇒1~7ポイント

    //ここまでは完全無料です//

    無料ポイントが無くなる

    ポイント消費無しの機能はそのまま使える

    ポイントを買う(前払い)
    コンビニ、ネットマネー、クレカ、振込みなど、ほとんどの決済方法OK

    掲示板書き込みやメッセージを続ける

 

3.複数同時入会

この同時入会には3つの訳があります

一つは、
初めにもらえる無料ポイントは大抵、100ptですので、3サイト同時登録すれば合計300ptとなります。

相場では、1メッセージあたり7ptですので、300÷7=42回のメッセージを無料で送ることができるのです。

二つ目は、
同時進行による時間短縮です。3サイト同時で3時間粘るという事は実質9時間粘るのと同じです。

もっとも、夕方の出会いラッシュ時間に集中できるので、1サイトに9時間粘るよりもはるかに効率がいいのです。

ナンパなら、身体はひとつですので同時に3人を口説くことはできませんが、ネットならそれができますから、この方法が必須である意味が解ると思います。

三つ目は、
確率論です。100万人の会員がいるサイトはすべてがアクティブユーザー(ログイン中のユーザ)ではないので、実質その1割程度と考えます。

ログイン中が10万人だとしてそれが3サイトなら、単純に30万人となります。
10万人と30万人なら必然的に多い方が良いですよね?

また、サイトによってユーザー層や年齢層も違うので、2つのサイトがあなたに合わなくても、最後の一つが大当たりという事もあります。

これがもし、一つのサイトで粘っていて、そのサイトが実はハズレであったらその日はおしまいです。

私の経験では、携帯で同時進行できるのは3サイトくらいで限界でした。
老舗サイト3つを同時進行して、即日チャンスが無いというのは逆に難しい事だと私は思います。

 

4.時間と予算を決める

これが最も大事です。

私なら下記のようなルールを守っています。

9時までの3時間、ポイントを買うなら3000円まで、時間かポイントが無くなったら必ずそこで引く。ダメなときに行く遊び場所を決めておく。

このように、利用前に自分で引き際のルールを決めることで、無駄な出費や時間を抑えてゲーム感覚で割り切る事。

これが速アポ目的で出会い系を利用する上で、最も重要な事だと思います。

 

imgres おさんぽの出会い系比較ランキングへ戻る