秋は真剣出会い系サイトで会える!その理由とは?


秋は真剣出会い系サイトで会える

秋に利用する出会い系は別の基準で比較する

暦上は8月お盆を過ぎれば秋ですが、体感的にも「秋だなぁ」と感じるのは、いわゆる紅葉の季節、10月から11月上旬あたりではないでしょうか?

出会い系サイトを利用するユーザーにとっては、夏も終わり、次のイベントと言えばハロウィーンかなと、それが済んだら年末までは大人しくしていようという方も多いはず。

たしかに、「出会い上級者がしている6つの事」では、アポイントを取りやすいようにタイトルを見れば目的は分かるようにすることでデートまでの会話を短縮する裏技や、タイトル無視したユーザーは業者や他業種のサクラである事などをかきました。

また、「年末年始(クリスマス・年越し・初詣)の出会い」では”具体的なデートの理由”別と時期の関係ついての解説をしました。

いずれも、夏なら海、山、お祭り、花火など、冬ならクリスマスや年末年始、スキーやスノーボードなど誰もが「これには行きたい!」という目玉イベントがあったからこそ、ちょっとしたコメントの書き方ひとつで実際に会える確率をグンと引き上げることが出来ていたのですが、10月のハロウィーン関係のイベントが終わってしまえば本当に誰もが思い浮かべる行楽や目的というのが12月まで無くなってしまいます。

じゃあ、この時期はいくらポイントをつぎ込んでも女性と会える(もちろん男性も)事はないのかというとそうでもありません。

上にあげた方法でイベント系の目的を達成する為に私は「すぐ会える出会い系」の比較ランキングをおすすめしていたと思います。

いわゆる「即アポ系」に強いサービス順に並べているページだったのですが、この時期は比較項目を変えないといけないのです。

それはズバリ「真剣な出会い系」です。

この比較ランキングは、即アポ系より確実にSNS的なシステムで、普段使いのユーザーが多いサイトを優先して並べているのです。

そのトップである「YYC」はご存じの通り、本物の結婚支援事業サービスも展開するmixiグループの株式会社Diverseが主催している出会い系サイトですし、上位サイトはどれもじっくり登録して恋人を募集している人の割合が多いのが特徴です。

こういったユーザーは、いわゆるイベントごとにドッと参加してくるイケイケ、オラオラ、お祭り好きな若いユーザーが苦手な人が多く、そういったユーザーが一期に引くと言われる10月と11月にグッと目立ってくるのです。

そうしますと当然ながら、その出会い系コミュニティーの中では真剣交際、恋人探しがメインのユーザー同士がマッチングする確率が高くなり、他の季節と全く別の基準で出会いの成功率が上昇するのです。

正直、年末になって焦ってクリスマスや年末のお相手を探すよりも、この時期に硬いお相手を見つけた方がずっと安心ですし、そもそも、それに成功すればもうお金を払って異性との交際をマッチングしてもらう必要もなくなりますよね(ここでデートで来たならおそらく年末には恋人になっている人は多いでしょうから)。

 

imgres おさんぽの出会い系比較ランキングへ戻る