出会い詐欺


Fake-Website前回は、システム上サクラとしかコンタクトできない「出会えない系サイト」について書きましたが、今回は悪質というより完全に詐欺の「出会い詐欺サイト」について書こうと思います。

これらは、人を騙す為だけに作られたサイトですから、出会い系システムやサイトの構造が不正かどうかを議論するまでも無く、完全な詐欺をするために作られたサイトです。

その点、「出逢えない系サイト」とは、さらに別に分けて考える必要があります。

数年前ですが、TVで児童買春や援助交際の容疑でサラリーマンが逮捕されたというニュースが報道されていました。

まだ、法律改正前で年齢確認などの義務付けが無かったため、年齢を作業した高校生や中学生の児童が上記のような目的で登録をしていたわけです。

その時ニュースでは、原因となった出会い系サイトが映りましたが、「おさんぽ」でも紹介している「ハッピ●メール」でした。

普段利用した事の無いおじさんや、一人暮らし仕立ての学生などは、「おおっ!このサイトで若い子と本当に会えるんだ~」と携帯を取り出すでしょう。

スパムフォルダーに放り込んであった勧誘メールを見直したり、検索したりして「ハッピ●メール」にアクセスします。

なんとこの時、ネット上にはハッピ●メールそっくりの偽サイトが、悪質業者の手でたくさん公開されていたのです。

基本、名前だけで検索されるような有名出会い系サイトには、必ずコピーサイトが作られていると思ってください。

URLが微妙に違いますし、当然運営会社も違います。
現れては消えるのでモグラたたきのようです。

「おさんぽ」の比較ランキングには、公式サイトのリンクが張ってありますので、そこから本物のサイトにアクセスしてください。

まさか同じ名前の偽サイトがあるなんて考える人はなかなか居ませんから、この事実を知らないと何のためらいもせずに偽サイトに登録してしまいますよね。

そうすると、下記のような理不尽な出来事が起こるのです。

恐怖の詐欺パターン

1. 登録完了と同時に携帯の機種や契約会社などが表示され、5万円前後の請求画面になる
2. 登録後に数通のメッセージやり取りがあるが出会えないので放置、後日5万円前後の請求が来る
3. 会員がランク付けされていて、同じランクの人しかやり取りできない、ランクを上げるのに5万円前後
4. 滞りなくデートの約束をするが、電話番号交換は5~10万円のカップル成立料が必要
5. サクラの提案で猥褻メールの交換をすると、そのメールのせいで業務が危うくなったと損害賠償請求
6. デート直前の状況で文字化けが起こり、解除するのに5~10万円で解消できると持ちかけられる
7. 散々個人情報をサクラに抜かれて、後日郵送などで請求が来る
8. 登録情報を使って、忘れた頃に電話で請求が来る
9. アクセスと同時に携帯の機種や契約会社などが表示され、5万円前後の請求画面になる

当然ですが、完全に騙すためだけに存在するサイトですので、怪しいと思ったら二度とアクセスしない、請求は無視でOK、メールアドレスは変更です。

請求を無視するのは怖いと感じるかもしれませんが、電子消費者契約法・第三条【電子消費者契約に関する民法の特例】という法律で、業者は、消費者がどのような内容での契約をしようとしているのかを契約する前に確認させる為の措置を講ずる必要があり、利用者が利用前に料金を確認できる措置が無ければ請求は無効になるのです。

延滞金などは、さらに貸金業法違反のおまけも付き、合わせ技で相手の方が懲役刑です。

リスク回避の原則として、
詐欺サイト、出会えないサイト、出会えるサイトのどれを利用する時も、誘いに乗って「固定電話番号」「住所」「職業」だけは、名乗らないように日々、気を付けることも重要です

優良なサイトでも、ユーザーが優良だとは限らないのですから。

最後に、完全な架空請求についての注意点を一つ。

イーメールやCメールが有名ですが、適当な番号に電話をかけて、総当たりで出た相手に出会いサイト利用料を請求するという、もはや出会い系に登録したかどうかも関係のない事をしているグループがいます。

過去に出会いサイトを利用したことのある人なら、「あれ?どのサイトの事なんだろう」と話を聞いてしまう事を狙っているのですが、このような電話の時は、架空の名前を答えて見ましょう。

例として、 ウソダ アホノスケ なら、

「ウソダアホスケ さんが 8月10日に ????というサイトで 8万円使っています。このままでスト延滞金がどんどん膨らんでしまいますよ。」という感じです。

つまり、相手が自分から言ったことしか何も知らない状態でかけてきているという事です。

出会い系に登録した情報を使っての電話請求の場合は、名前が判っている(登録した名前)ので、得意げに登録名を連呼しますが、それ以外はこの、「適当な番号にかけて…」と同じ展開になります。

さも、すべての情報がわかっているかのようにふるまいますが、あなたが自ら与えた情報以外は何も知らないと思ってください。

けして質問に正直に答えたりしないでください。

彼らは、確認というやり取りの中で、名前や住所などを巧みに聞き出して、本格的な架空請求を行うための情報を集める係りなのです。

電話を即座に切るか、何もかも嘘をついて電話を切り、着信拒否しましょう。

彼らの名簿には、ウソダアホスケのデタラメな情報が残るだけですのでご安心を。

imgres おさんぽの出会い系比較ランキングへ戻る