出会い系の年齢認証攻略法


出会い系サイトを利用する時に、いちばん先に不安を感じるのが「年齢認証」ですが、平成15年に制定された「出会い系サイトの規制法」により義務付けられたものなんですよね。
私もはじめは「え~免許証なんて出会い系業者に見せたくないよな~」というのが本音でした。

しかし、そこは出会い系ユーザーの性でしょうか、なんだかんだ言ってこれをやんなきゃ利用できないならやるしかないかと腹をくくったのであります。

しかし、やってみると拍子抜けというか、なんというか、本当に義務だけのお役所仕事というか…
個人情報云々の心配はほぼ無いと言っていいものだったのです。

 

1. 年齢認証の方法は二種類

どの大手出会い系サイトでも認証方法は2種類です。

身分証(後述)画像

もしくは

クレジットカード

です。

まずこの二つのうちどれを選ぶかという事になるのですが、管理人の場合、あるセキュリティ上の手間(後述)の事を考えて「身分証」を選択しています。

2. 身分証による認証

さて、身分証による年齢認証ですが、使える書類は様々です。
基本は「自動車運転免許証」「健康保険証」「パスポート」あたりでしょうか。

もっとも書類の種類が多いと言われている”ミントC!Jメール”になると下記の様な書類が使えます。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 学生証
  • 社員証
  • 年金手帳
  • 診察券
  • 定期券
  • 住民票
  • 住民基本台帳カード
  • 戸籍謄本
  • 戸籍妙本
  • 印鑑証明証
  • 身体障害者手帳
  • 卒業証書
  • 資格・検定証

卒業諸所や診察券というのには驚きますが、行政、医療、学校関係が発行してる物というくくりなんでしょう。

それで、認証チェックに必要な部分は下記の通り、

  • 生年月日
  • 書類の種類
  • 書類の発行元

つまり、逆に考えるとそれ以外の部分は見えないようにしてしまってOKです。

それでは管理人が出会い系登録時に年齢認証を通過した消し方を見てみましょう。

 

運転免許証の場合

menkyo1

赤枠の部分が必要な情報です

menkyo2
必要な部分を黒塗りにしました。
これで通っちゃうのです。

 

健康保険証の場合

hokenn1

赤枠の部分が必要な情報です

hokenn2

必要な部分を黒塗りにしました。
これでも通っちゃうのです。

注意点

スマホのスタンプアプリの場合、スタンプが外れてしまう場合があるらしいので上書き方式のレタッチソフトかスタンプで消した画像をさらにキャプチャーするくらい念入りにしても良いかと思います。
それか、付箋紙などで物理的に黒塗りの部分を隠して写真に撮るのもおすすめです。
一度この認証用の身分証画像を作って置けば、複数のサイトで使いまわせますので便利です。

 

認証にかかる時間

大抵の場合「画像を送信する認証は時間がかかります(1日~3日くらい)」という感じでクレジットカード認証の方が早いですよという感じの誘い文句が書いてありますが、私の経験では、最も遅いメール添付での認証でも遅くて1時間、早いサイトだと1分程度でした。

 

いかがでしょうか?

名前も写真も住所も消してOKなのですから、書類を使った年齢認証についてはまず個人情報流出の危険はないと思っていいと思います。

 

 

3. クレジットカードの場合

これは、はっきり言って「今すぐ即座に認証してほしい!」と焦ってる人以外はなかなか選択しないんじゃないでしょうか?
だって、クレカですよ?怖くないですか?

でも、これ、少々手間がかかりますがやりようによっては便利な年齢認証方法なのです。

 

管理人が試したことがある二つの方法を紹介しますが、

それは、クレカ機能付きデビットカードを使う方法と、プリペイドクレジットカードを使う方法です。

 

クレカ認証の方法というのがポイントを100円分くらい買う事で、カードが本物である事とカードを持てる年齢である事を確認するという方式なので、そこをクリアすればいいわけですよね。

実際にやってみるとクレカ認証をすれば500ポイント位もらえる場合が多いので、下記の方法で問題ないと思う人ならお得だったりするのです。

うっかり本物のクレカを使ってしまってもまあ、クレジットカードの決済会社を通すので問題はないのですが、不安で不安でしょうがないという人もいると思います。

そんなときはカードを落としたことにして再発行しちゃえばいいんですよ。

私などはネット創世記に海外の大人なサイトで散々騙されて、年間10枚くらい再発行してもらったことがあります。

カード会社も事務的に再発行するだけです(面倒くさいのでお勧めはしませんが)。

ネット決済には普段使わないカードを使うようにするだけでもずいぶん不安要素が減ります。

 

デビットカードの場合

発行している金融機関にもよりますが、「ワンタイムカード番号(一度だけ使えるクレカ番号)」を発行する機能があるものと、オンラインで使用可能のON/OFF切り替えができる2種類があります。
これを使って100円分だけポイントを購入し、後は機能しないようにしておけば安心です。

 

プリペイドクレジットカードの場合

Vプリカなどオンラインでカード番号を購入できるサービスがあるんです。(興味のある方は検索してみてね)
支払いはネット振り込みやコンビニで完全匿名ですし、プリペイドなので買った分だけしか使えません。

マイナス点としては最低額が決まっているのでそれが500円なら500円分を支払う必要があるという事と、端数が出ちゃうことですね。

私の場合は端数が出たらアマゾンで全部使い切りますよ。

あまりネット決済をしない人には無駄が多いかもしれませんのでこれも条件が合う人以外はお勧めしません。

 

 

以上が出会い系サイトの年齢認証に関する攻略ポイントですが、いかがだったでしょうか?
知ってみればなんてことの無い情報ですが、これが原因でなかなかアカウントを作る勇気がなかった方も多いと思い、私の体験談を交えて書いてみました。

特に初心者の方の不安がこれで少しでも無くなれば幸いだと思います。

 

imgres おさんぽの出会い系比較ランキングへ戻る