年末年始(クリスマス・年越し・初詣)の出会い


winter-back011

出会い系サイトのオンシーズンと言えば、夏(夏休みの出会い系とその口実参照)とクリスマス、お正月休みでしょうね。

基本的に、クリスマスにデートまでこぎつけられるような事があれば、そのお相手とは年末年始も一緒に入れる確率が高いでしょう。

ただ、2点さえ間違わなければです。

その2点とは、ズバリ、「恋愛重視の相手」なのか「イベント重視の相手」なのかです。

1. 恋愛重視のクリスマスお相手探し

はじめに書いておきますが「恋愛重視(ガチの恋人探し)」の場合、12月の中旬までにはある程度気の合う相手とコンタクトを取っているくらいの根回しをしていないといけません。

なにせ、その目的は恋人と「夢のようなクリスマスや、年越し、お正月を過ごす」事ですから、もうすでにあなたと友達かそれ以上の感情が有る段階になっている必要があるのです。

即日会える出会い系サイトよりも、真剣恋愛出会い系サイトや、恋活婚活系を中心に、普段使いの出会い系サイトでも「今すぐ会いたい掲示板」よりは「恋人募集掲示板」に切り替えましょう。

それを数サイト掛け持ちで数週間という粘りが必要です。

もし、今の段階で頻繁にコンタクトがとれるお相手を何人か見つけられているなら、そろそろ24日、イブのデートへのお誘いを一斉送信して、OKのお相手以外はある程度見切りをつける必要があります。

少なくとも、お相手に「他の人とは合わない」という宣言をしてお相手を「特別視」する事で、お相手も同じようにあなたを特別視するというメンタルに持っていくべきでしょう。

この場合、お互いにマッチングサイトなどを利用しているわけですから、お互いにキープが居る事は不思議ではありませんので、この「特別視」により、相手の揺らぐ気持ちもかなりあなたへ向いて来ると思います。

ここまでうまく進んでいれば、イブの夜によっぽどの失敗が無ければそのまま年越しのデートまで、自動的にこぎつける事が出来ます。

もしも12月中旬になっても上記のような根回しまで進めていなかったあなたは、ちょっとのんびりしすぎです。
次の項目「イベント重視」のお相手攻略法に進んだほうが、失敗の可能性は少なくなるでしょう。

2. イベント重視の駆け込み出会い

出会い系の醍醐味と言えば、やはり即日すぐに会えること。

上記の恋愛重視の相手探しにはもう遅すぎる状態になったら、ここは一旦落ち着いてください。

勝負は「当日アクション」です。

クリスマスが近づくにつれて街中がどんどんクリスマスムードになっていき、カップルがあふれ、お相手が見つからない男女の焦りはどんどん増していきます。

そして、その最高潮は20日~25日の期間、もうこの時点で一人の場合は「なにがなんでもこのイベントを異性と二人で過ごしたい」「多少好みでなくとも一人でいるよりはマシ」という感じに、一気に相手の条件のハードルが下がるのがこの5日間です。

もうこの時に一人が確定している人は、「オワタ」という焦燥感がすさまじく、女子などはやけくそで「クリスマス女子会」的な事で誤魔化したり、男子などは「飲み屋のクリスマスイベント」で記憶を無くすまで飲んだりしますが、その翌日のオチ具合は私も経験がありますがそれは寂しく空しいのです。

私の場合、23日24日25日の駆け込み出会いを狙ってここは一気に勝負をかけます。

もちろん即日出会い系サイト3サイト掛け持ちでこの日ばかりはポイントを短時間でつぎ込み、10本ばかり一気にアポを取ります。

ここで注意したいのは、「プロフィール」や「一言メッセージ」に「クリスマスデート希望(??県周辺)」のように、地域と目的をはっきりと書いて、一瞬であなたの住む地域と目的がわかるようにしておくことです。

相手との会話も、「クリスマスにデートしたい」という内容からすぐに始まる事で余計なやり取りを短縮できます。(年末年始なら「一緒に年越ししましょう」「初詣に一緒に行ける方を探しています」「初売りに行きましょう!」などなど。)

特にお正月期間中の初売りで「足探し」をしている人もいますから案外この期間はねらい目です。
ストレートに、「車あります!あなたの荷物持ち希望!!」など、ちょっと相手を持ち上げる感じがおすすめです。

そこまで目的をでかでかと書いているのに、クリスマスアポイントに全く触れない様なメッセージを送ってくる人間は、会う気が無いか、他のサイトへ誘導しようとしている人か、ポイント稼ぎ、写メコンなどの信者探しのナルシストですので完全無視です。

あとは、時間差でアポ現場に出向き、お気に入りの異性に出会ったら申し訳ないですが他のアポはもう用はありませんので、そのまま夜の街に消えます。

今までの経験から、10本も時間差でアポを取れば実際に来るのが7~8人、好みの子が2~3人という確率でしょうか。

向こうも普段より条件のハードルが下がっていますので、この期間中に会えるところまでこぎつければ、まずその日は一安心です。

ただ、この手の「衝動買い」のような駆け込み出逢いは、当然イベントが過ぎれば冷めてしまう場合があります。

ここが恋愛重視型と違う所で、イベントの時に寂しいという理由の方が大きいのでデートが簡単だったわけです。

従って、クリスマスが終わってすぐにあなたは大みそかへ向けて、新しい相手を探し始めなくてはいけません。

もちろん、そのままお相手と意気投合する場合もありますが、このタイプのお相手は冷めるのも早い事を計算に入れて、年末年始への根回しを忘れないことが重要です。

尚、デートの攻略法についてはこのサイトのテーマと大きく外れますので、デートまでこぎつけられたあなたは星の数ほどあるその手の恋愛攻略サイトへどうぞ。

 

imgres おさんぽの出会い系比較ランキングへ戻る